暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

薬理学

問題数87


No.1

解熱鎮痛作用を持つものは?

No.2

非ステロイド性抗炎症薬の標的物質はどれか

No.3

インドメタシン内服薬の禁忌はどれか

No.4

インフルエンザ感染症の小児に使用可能な解熱鎮痛剤はどれか

No.5

副腎皮質ステロイドで生じる副作用のうち、速やかな対応が求められるのは?

No.6

消化管機能を改善する制吐薬はどれか

No.7

錐体外路症状に注意が必要な制吐薬は?

No.8

排便を促すための浣腸液として使用されるのは

No.9

下剤はどれか

No.10

腸管運動を抑制して下痢を止めるのは

No.11

副作用として空咳をおこす可能性が高い薬物はどれか

No.12

中枢性鎮咳薬はどれか

No.13

コデインで好発する副作用はどれか

No.14

抑制性の神経伝達物質はどれか

No.15

アドレナリン2(‪α‬2)受容体を活性化して鎮静をもたらす薬物はどれか

No.16

睡眠を調節しているホルモンはどれか

No.17

ベンゾジアゼピン受容体に作用する睡眠薬はどれか

No.18

アルドステロンの作用を阻害する利尿薬は?

No.19

レニンを主に分泌するのは?

No.20

カルシウム拮抗薬の作用が増強されるのは?

No.21

狭心症発作の予防薬として使われる硝酸薬の形態はどれか?

No.22

狭心症発作時に舌下投与するのは?

No.23

ニトログリセリンの副作用はどれか。

No.24

ジギタリス製剤について正しいものは?

No.25

薬物動態のながれ四つ答えよ

No.26

昇圧薬はどれか

No.27

心筋細胞が脱分極するために必要なイオンは?

No.28

脳梗塞発症直後(4.5時間以内)に血栓を溶解する目的で使用するのは?

No.29

血小板凝集阻害作用をもつ抗炎症薬は?

No.30

トロンビン阻害により抗凝固作用を持つ薬剤は?

No.31

出血傾向のある患者に禁忌なのは?

No.32

気管支喘息に対する副腎ステロイド吸入療法について正しいのは?

No.33

慢性閉塞性肺疾患の原因として適切なのは?

No.34

長時間作用型抗コリン薬を男性患者に投与する際に確認することはどれか

No.35

消化性潰瘍治療薬はどれか

No.36

ヘリコバクターピロリの除菌に使用しないのは?

No.37

胃食道逆流症の治療に使用するのは?

No.38

B型慢性肝炎に使用するのは?

No.39

C型慢性肝炎に使用するのは?

No.40

インターフェロンで高率に出現する副作用は?

No.41

慢性腎臓病の重症度評価の指標はどれか。

No.42

慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常により呈する症状はどれか

No.43

慢性腎臓病の原因疾患は?

No.44

腎性貧血を改善させるものは?

No.45

糖の尿中排泄を促進するものはどれか

No.46

インスリンを分泌する細胞はどれか

No.47

副作用として低血糖症状を起こす可能性があるのは?

No.48

食事中のコレステロールやトリグリセリドが吸収される際に形成するものはどれか

No.49

高コレステロール血症治療の第1選択薬は?

No.50

HMG-CoA還元酵素阻害薬及びフィブラートの重大な副作用はどれか?

No.51

骨量減少の原因はどれか

No.52

骨粗相症治療の第1選択薬は?

No.53

メトトレキサートによる血球減少を軽減する目的で併用されるものはどれか

No.54

関節リウマチ患者に対してインフリキシマブと併用されるものはどれか

No.55

細胞外液を補充する目的で使用される等張性電解質輸血はどれか

No.56

塩化カリウム注射液の投与方法で適切なものはどれか

No.57

高ナトリウム血症の患者に使用する輸液はどれか

No.58

高カロリー輸液の基本液はどれか

No.59

高カロリー輸液投与患者がビタミン欠乏になると発現する副作用はどれか

No.60

中心静脈栄養法で高カロリー輸液を用いる際に起きやすい合併症はどれか

No.61

高カロリー輸液療法で起こりやすい合併症はどれか

No.62

小児薬用量は年齢、身長、体表面積によって決まる

No.63

食品と内服薬との飲み合わせで牛乳はどの薬剤でも混ぜて構わない

No.64

食物アレルギーの子供には、薬剤にアレルギー物質が含まれる薬物があるため注意が必要である

No.65

100パーセントオレンジジュースは薬物を混ぜると苦味が出るため注意が必要である

No.66

ステロイドの長期・大量使用で発達障害をきたすおそれがある。

No.67

経皮吸収の薬物は飲み薬ではないため副作用は見られない

No.68

小児期に使用する薬はすべて粉薬である

No.69

子供は薬について理解できないため薬についての説明は不要である

No.70

食後薬であっても乳児期は、満腹になると薬を飲まないことがあるため授乳前や食事前に投与する

No.71

粉薬はコップにいれ味を感じないほどに薄めて飲ませる

No.72

ミルクと薬を混ぜることで、ミルクを飲まなくなる可能性があるのでミルクとは混ぜない

No.73

幼児期になると子供の好きな甘味を含むものと混ぜて飲ませると効果的である

No.74

学童期以降になるとカプセルや錠剤も内服できるが、噛んだりカプセルを開けないように注意が必要である

No.75

服用にあたり子どもの気持ちを引き出すより決められた時間にきちんと服用することが大切である

No.76

小児の与薬にかんして親も与薬技術を高めるためにも参加を促すことも必要である

No.77

外用薬塗布にあたり1FTUとは子どもの人差し指第1関節分

No.78

1FTUは大人の手のひら2枚分の面積に適した量である

No.79

子どもが泣いていても吸入は十分に行われているため問題は無い

No.80

子どもの吸入でスペーサーはDPIに用いられる

No.81

与薬において子供が出来た時の頑張りシールは継続的な服用に繋がる

No.82

硬膜外麻酔の際に、局所麻酔による運動抑制の緩和の目的で併用されるのは?

No.83

硬膜外麻酔による合併症の早期発見の目的で行うのは?

No.84

硬膜外鎮痛に伴う重大な副作用は?

No.85

人工呼吸管理中に使用する鎮静薬は?

No.86

人工呼吸管理中に鎮静薬の減量を目的に使用するのは?

No.87

人工呼吸管理中に確認することは?

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta