暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

外科専門医試験2019

問題数35


No.1

食道良性腫瘍で最も頻度の高いものは?

No.2

食道癌胸骨後経路で再建したとき、吻合部は頸部である。

No.3

頸部食道切除術では、再建は?

No.4

食道癌胸骨後経路では、胸鎖関節が狭いとき、再建臓器が圧迫壊死する。

No.5

トラスツズマブはHER2陽性胃癌のみに使用できる。

No.6

胃癌の1次治療には、カペシタビンがある。

No.7

胃過形成性ポリープは、ピロリ菌との関連が薄く、癌化する可能性は低い。

No.8

転移性胃癌の原発巣で最も多いのは?

No.9

転移性胃癌は胃噴門部に好発する。

No.10

正しいものを選べ。
画像

No.11

ダブルトラクト法では、残胃と横行結腸をつなぐ。

No.12

亜鉛は胃で吸収される。

No.13

胆汁酸は空腸で吸収される。

No.14

グルコースが吸収される場所は?

No.15

鉄は胃酸により吸収される。

No.16

結腸癌ハイリスクステージⅡの因子で誤っているものは?

No.17

PPH法は痔瘻の手術である。

No.18

脾臓摘出後は門脈圧が上昇する。

No.19

脾臓摘出は、術後に肺炎球菌ワクチンが推奨される。

No.20

大動脈弁狭窄症の重症度判定は?

No.21

大動脈弁狭窄症において、若年者にカテーテル治療適応がある。

No.22

心臓病粘液腫はただちに手術をする。

No.23

大動脈解離のDeBakey分類Ⅱは下行大動脈まで解離が及んでいる。

No.24

正しいもの。
画像

No.25

大静脈孔を通るもの2つ。

No.26

過誤腫には染色体異常を伴う。

No.27

悪性胸膜中皮腫よマーカーは?すべて。

No.28

これは何の病気か?
画像

No.29

若年性ポリープは思春期以降に好発する。

No.30

胆道閉鎖症の肝内胆管は萎縮している。

No.31

分化型甲状腺癌の多発肺転移に対しては、手術の適応がない。

No.32

男性乳癌はBRCA1遺伝子変異が、BRCA2遺伝子変異よりもリスクが高い。

No.33

乳癌の腋窩リンパ節レベルⅡは、大胸筋の裏側までの範囲である。

No.34

レボブピバカインはブピバカインよりも心毒性が弱い。

No.35

局所麻酔中毒には、脂肪乳剤の緩徐な投与が望ましい。

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta