暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

民法

問題数10


No.1

本人以外のものの請求によって保佐開始の審判をするためには 本人の同意が必要である

No.2

家庭裁判所は本人や保佐人 などの請求によって被保佐人のために特定の法律行為について 保佐人に代理権を付与する旨の審判をすることができるが 本人以外のものの請求によってその審判をするには 本人の同意がなければならない

No.3

法定代理人の同意なくしてされた未成年の 財産行為で相手方が法定代理人に対し 1ヶ月以上の期間内に当該財産行為を追認するか否か解答すべき旨を 催告したが解答が発せられなかった場合のその 未成年者の行為は取り消すことはできない

No.4

被保佐人が保佐人の同意を要する行為をその同意を得ずに行った場合において相手方が被保佐人に対して一定期間内に 保佐人の追認を得るべき旨の催告をしたがその期間内に解答がなかった時は 当該行為を追認したものと擬制される

No.5

取得時効 においては時効期間中に目的物に生じた果実は時効取得者に帰属する

No.6

A から B に不動産の売却が行われた後にAがB の詐欺を理由に 売買契約を取り消したにもかかわらず B が この不動産を C に 転売してしまった場合に C は善意であっても 登記を備えなければ 保護されない

No.7

A の所有する動産 と B の所有する動産が 符号して分離することが不可能になった場合において両動産について 主従の区別をすることができない時には A と B は当然に 相 等しい 割合でその合成物を共有するものとみなす

No.8

各共有者は共有物に軽微な変更を加える場合であっても他の共有者の同意を得なければ共有物の変更をすることはできない

No.9

債務者が他人の所有に属する動産につき 質権を設定した場合であっても 債権者はその動産が債務者の所有物であることについて 過信なく信じた時は質権を即日取得することができる

No.10

不動産質権者は 設定者の承諾を得ることを要件として 目的 不動産の用法に従って その使用収益をすることができる

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta