暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

第1章 企業会計の意義と制度

問題数23


No.1

例題1ー1 ( )市場における主な開示書類には、有価証券の募集または売出しを行う場合に内閣総理大臣に提出する有価証券( )と、投資者に直接交付する( )がある。

No.2

市場における主な開示書類には、投資者に直接交付する書類何ですか?

No.3

例題1ー1 ( )市場における主な開示書類には、有価証券の発行会社などが定期的に提出する有価証券( )、( )報告書、( )報告書、および臨時報告書がある。

No.4

市場における主な開示書類には、有価証券の発行会社などが定期的に提出する内部統制報告書とは何ですか?

No.5

市場における主な開示書類には、有価証券の発行会社などが定期的に提出する四半期報告書とは何ですか?

No.6

市場における主な開示書類には、有価証券の発行会社などが定期的に提出する臨時報告書とは何ですか?

No.7

例題1ー2 連結財務諸表と財務諸表は、有価証券届出書と有価証券報告書には記載されるが、目論見書には記載されない。

No.8

例題1ー2 有価証券届出書と目論見書は、内閣総理大臣に提出される。

No.9

例題1ー3 連結キャッシュ·フロー計算書を開示する場合であっても、キャッシュ·フロー計算書を開示しなければならない。

No.10

要確認 例題1ー3 四半期連結財務諸表を作成する会社は、四半期財務諸表の作成は求められていない。

No.11

(ア)連結キャッシュ·フロー計算書を開示する場合であっても,キャッシュ·フロー計算書野を開示しなければならない。

No.12

(イ)四半期連結財務諸表を作成する会社は、四半期財務諸表の作成は求められていない。

No.13

会社法では計算書類を何と呼ぶか?

No.14

会社法はキャッシュ・フロー計算書の作成を要求しているか?削除

No.15

会社法と金融商品取引法では目的が異なるので、計算書類の実質的な内容は異なる。

No.16

すべての株式会社は、定時株主総会の終結後遅滞なく,計算書類を公告しなければならないか?

No.17

次の文章のうち、正しいものの個数を選びなさい。

No.18

例題1ー4 会社法では、貸借対照表や損益計算書を含む会計の報告書を計算書類と呼ぶ。

No.19

例題1ー4 会社法は、キャッシュ・フロー計算書の作成を要求している。

No.20

例題1ー4 会社法と金融商品取引法では目的が異なるので、計算書類と財務諸表の実質的な内容は異なる。

No.21

例題1ー4 すべての株式会社は、定時株主総会の終結後遅滞なく、計算書類を公告しなければならない。

No.22

例題1-5 会社法には、企業集団を会計単位とした連結財務諸表の考え方はない。

No.23

例題1-5 会社法では、四半期ごとの決算報告は求められていない。

No.24

例題1-6 決算短信は,適時な情報開示を目的として,金融商品取引法に定められている開示情報である。

No.25

例題1-6 決算短信は速報であるので、年度決算に関する法決算短信は,期末日後60日以内での開示が適当と考えられている。

No.26

基本問題1ー1 ★★★ 1. 金融商品取法は、( a )の保護を目的としている。金融商品取引法における主な開示書類の中には、有価証券の発行市場において、有価証券の募集または売出しを行う場合に、内閣総理大臣に提出する( b )や、( a )に直接交付する( c )がある。  また、有価証券の流通市場における主な開示書類額には、( d )、内部統制報告書、四半期報告書および臨時報告書がある。なお、( d )および内部統制報告書は事業年度終了後3カ月以内に、四半期報告書は原則として各四半期終了後45日以内に提出しなければならない。  そして、( b )、( c )および( d )には連結財務諸表と財務諸表が記載され、四半期報告書には四半期連結財務諸表または四半期財務諸表のいずれかが記載される。

No.27

基本問題1ー1 ★★★ 2.会社法は、株主と( e )の保護を目的としており、これらの利害調整を図るため、( f )可能額を定めている。  また、会社法によると、 株式会社は、事業年度ごとに( g )、計算書類·連結計算書類、ならびに( g )および計算書類それぞれの( h )を作成しなければならないとされている。なお、( g )には、会社の事業の状況に関する重要な事項が記載されることとなる。  そして、会社法上、会社は、定時株主総会の終結後遅滞なく、貸借対照表(大会社は貸借対照表と損益計算書)を( i )しなければならないとされている。 3.事業年度又は連結会計年度に係る決算については、遅くとも決算期末後45日(45日目が休日である場合は、翌営業日)以内に内容のとりまとめを行い、(j)の開示を行わなければならない。

No.28

基本問題1ー1 ★★★ 3. 金融商品取引所において、有価証券報告書の開示に先立って( j )を可能な限り早期に表することが要求されている。

No.29

基本問題1ー2 ★★★ 会社法上の計算書類に該当するものを選びなさい。

No.30

次の①~⑥を、(1)会社法上の計算書類に該当するものと、(2) 金融商品取引法上の財務諸表に該当するものに分類しなさい。なお、会社法上の計算書類と金副商品取引法上の財務諸表の両方に該当するものについては、それぞれの解答欄に記号を記入すること。

No.31

基本問題1ー2 ★★★ 金融商品取引法上の財務諸表に該当するものを選びなさい。

No.32

基本問題1ー2 ★★★ 金融商品取引法上の連結財務諸表に該当するものを選びなさい。

No.33

基本問題1ー2 ★★★ 会社法上の連結計算書類に該当するものを選びなさい。

No.34

次の①を、金融商品取引法上の連結財務諾表に該当するものと、会社法上の連結計算書類に当するものに分類しなさい。

No.35

次の①を、金融商品取引法上の連結財務諾表に該当するものと、会社法上の連結計算書類に当するものに分類しなさい。

No.36

次の①を、金融商品取引法上の連結財務諾表に該当するものと、会社法上の連結計算書類に当するものに分類しなさい。

No.37

次の①を、金融商品取引法上の連結財務諾表に該当するものと、会社法上の連結計算書類に当するものに分類しなさい。

No.38

次の①を、金融商品取引法上の連結財務諾表に該当するものと、会社法上の連結計算書類に当するものに分類しなさい。

No.39

次の①を、金融商品取引法上の連結財務諾表に該当するものと、会社法上の連結計算書類に当するものに分類しなさい。

No.40

実践問題1ー3 ★★★ 次の①~⑤の文章について、誤っているものを選びなさい。

No.41

財務諸表は、その開示対象とする期間の観点から年財務諸表と(a )財務諸表に分類される。

No.42

財務諸表は、会計単位の観点から個々の企業を単位として作成される財務諸表(個別財務話表とも呼ばれている)と、複数の企業で構成される企業集団を単位として作成される( b)財務諸表に分類される。

No.43

( b)財務諸表は、(。 )によって作成される。

No.44

財務諸表は、その開示対象とする期間の組点から年度財務諸表と(a )財務諸表に分類される。

No.45

財務諸表は、会計単位の観点から個々の企業を単位として作成される財務諸表(個別財務諸表とも呼ばれている)と、複数の企業で構成される企業集団を単位として作成される( b )財務諸表に分類される。

No.46

( b )財務諸表は、( c)によって作成される。

No.47

次の文章の空欄( a )~ ( 。)に当てはまる単語を選びなさい。 財務諸表は、その開示対象とする期間の観点から年度財務諸表と( a )財務諸表に分類さい また、財務菌表は、会計単位の観点から個々の企業を単位として作成される財務諸表(個別財務諸表とも呼はれている)と、複数の企業で構成される企業集団を単位として作成される(b)財務諸表に分類される。なお、( b )財務諸表は、( c)によって作成される。れ

No.48

次の文章の空欄( a )~ ( 。)に当てはまる単語を選びなさい。 財務諸表は、その開示対象とする期間の観点から年度財務諸表と( a )財務諸表に分類さい また、財務菌表は、会計単位の観点から個々の企業を単位として作成される財務諸表(個別財務諸表とも呼はれている)と、複数の企業で構成される企業集団を単位として作成される(b)財務諸表に分類される。なお、( b )財務諸表は、( c)によって作成される。

No.49

財務諸表は、会計単位の観点から個々の企業を単位として作成される財務諸表(個別財務諸表とも呼ばれている)と、複数の企業で構成される企業集団を単位として作成される(b)財務諸表に分類されます。

No.50

( b )財務諸表は、( c)によって作成されます。

No.51

実践問題1ー3 ★★★ 次の項目のうち、連結計算書類に該当するものをすべて選びなさい。

No.52

実践問題1ー3 ★★★ 次の項目のうち、有価証券報告書に記載しなくてもよいものを選びなさい。

No.53

問11: 有価証券報告書に記載しなくてもよい項目は次のうちどれか。

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta