暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

法学入門

問題数48


No.1

権利や義務は何により定められているか

No.2

日々の生活の中の活動は何の下で行われてるか

No.3

国家との関係=

No.4

法の存在形式であり、それを知ることで、法と法の優劣関係、拘束力などを理解することが出来る

No.5

文書の形式で定められた法(規範)

No.6

命令のうち内閣が制定するもの

No.7

命令のうち各省庁の大臣が制定するもの

No.8

国家の最高法規

No.9

国会の議決を経て制定されるもの

No.10

国が法律を実施するために制定するもの

No.11

地方公共団体が法律の範囲内で制定するもの

No.12

国家間で締結されるもの

No.13

文書の形式で定められていない法

No.14

同種の事件についてなされたいくつかの判決に共通して含まれる法規範であり、主に最高裁判所の判決のことを指す

No.15

限定された一定の社会において共通の規範として反復して行われたもの

No.16

国や地方公共団体と個人の関係を規定するもの

No.17

私人同士の関係を規定するもの

No.18

権利義務の発生、消滅、移転、変更などを定めたもの

No.19

実体法を定められている権利を実現するための手続を定めたもの

No.20

特別法は一般法に優先する

No.21

一般的に適用される法令

No.22

限定して規定されている法令

No.23

法律を読むこと=

No.24

主要な法令は法典全体を内容に応じて5個に分けられてる

No.25

法令一条は多くの場合3つで規定される

No.26

法律を構成する基本単位

No.27

二つ以上の語句を並列的に結びつける際に使う

No.28

条文の中で原則的な規定の後に例外的な規定を置くこと

No.29

法令の中で示されている解釈=

No.30

理論的に検討して導き出される解釈=

No.31

法令に使われている意味や文法から文理的に解釈を導きだす方法

No.32

法令で使われている文言を通常の意味よりも広くとらえて解釈する方法

No.33

法令で使われている文言を通常の意味よりも狭くとらえて解釈する方法

No.34

マグナ・カルタ

No.35

権利の請願

No.36

権利章典

No.37

〜という考え方が有力に

No.38

権力的な介入を排除して、個人の自由な意思決定と活動を保障する

No.39

国家への自由

No.40

国家による自由

No.41

国民が国家に対して一定の作為を求める権利のうち、社会権に分類できないもの

No.42

私人間には適用されない

No.43

私人間にも直接適用される

No.44

憲法の人権保障の精神

No.45

人権の制限は異なる人権が衝突する場合に検討されるものであると捉え、人権を制限することによってもたらされる利益と制限しないことによってもたらされる利益を比較して、もし制限したときの利益の方が大きいときには、その制限は許されるという考え方

No.46

精神的自由権を制約する場合と、経済的自由権を制約する場合とでは、その制約が妥当かどうか裁判所の判断基準を変える

No.47

法律が人権に制約をかけるかどうかの判断=

No.48

精神的自由権を制約するものの判断

No.49

経済的自由権を制約するものの判断

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta